【完全版】Search Consoleの初期設定 / WordPressでメディアやブログを始める時にしておきたい設定②

今回は、Google の提供するSearch Consoleの設定についてです。

※第1回では、Google Analyticsの設定について解説しました。

初期段階で、あまりお金をかけたくない時期に、

①自分のメディアやブログの記事が上から何番目に表示されているかを把握したり

②Google に新しい記事をリリースしたことを知らせたり(※立ち上げ初期に非常に重要

を無料で行うことができるツールなので、ぜひ設定して活用しましょう!

Search Consoleとは?

Search Consoleは、先程も紹介した通り、

①自分のメディアやブログの記事が上から何番目に表示されているかを把握したり

②Google に新しい記事をリリースしたことを知らせたり(※立ち上げ初期に非常に重要

することができるツールです。

また、

どういったメディアやブログに自分の記事のリンクを貼ってもらったかなどといったことも確認することができます。

 

ただ、特に重要なのは、②です。

大きなメディアやブログにはGoogleが高頻度で巡回(クロール)しているのですが、

立ち上げ期のサイトにはGoogleがなかなか巡回してくれません。

 

例えば、山奥に新しくできたお店は、駅前で宣伝したり、広告を配ったりしないと客が来ないように、

メディアやブログを立ち上げたら、Googleにそのメディアやブログを教えてあげなければ、なかなか知ってもらえないのです。

 

GoogleはSearch Consoleを以下のように紹介しています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

出典:Search Console ヘルプ 「Search Console の概要」

 

さて、Search Consoleの重要性についてわかって頂けたところで、設定方法について紹介していきたいと思います。

Search Consoleの設定の流れ

Search Consoleの設定0:Google アカウントでログイン

Search Consoleを使うためには、Googleアカウントが必要です。

万が一Googleアカウントを持っていないという人は、アカウントを作成してから下の手順に進むようにして下さい。

Search Consoleの設定1:Search Consoleへのプロパティを追加

ログイン後、URLの入力欄が表示されるため、この部分に自分のサイトのURLをコピー&ペーストして「プロパティを追加」ボタンを押して下さい。

Search Consoleの設定2:サイトの持ち主であることを確認

ここで、先程貼り付けたURLが自分のサイトであることを証明する必要があります。

基本的に、第1回のGoogle Analyticsの設定が完了している方は、「Google Analyticsで確認」を選べば問題ないでしょう。

前回の記事はこちら

[tensen]

WordPressでメディアやブログを立ち上げる場合、上記設定が完了した後でサイトマップの設定をSearch Consoleで行うとより適切にGoogleにサイトやブログを知らせることができます。

次回記事で、サイトマップの設定方法とSearch Consoleへのサイトマップの追加方法を紹介します。